• HOME  >>
  • 小坂の味とこんにちは ~小坂町発!料理コンテスト~
小坂の味とこんにちは ~小坂町発! 料理コンテスト~

 小坂の食材を見直し、『小坂にしかない、小坂でしか食べられないメニュー開発』を目的とし、2010年11月17日に小坂の味とこんにちは ~小坂町発!料理コンテスト~を開催しました。
昔から各家庭に伝わる自慢料理やおやつ、小坂町の食材を用いたアイデア料理やおやつなど、小坂にしかない、小坂でしか食べられないメニューを披露していただき、小坂町の良さや食の大切さを再認識する一日となりました。

 34点の応募があり、どの作品も期待以上に創意工夫がなされていて、審査員長の廣瀬ちえさんも2次審査への通過作品の選定に悩まれた様子です。
今回「一品部門」と「携帯食部門」の2部門を募集しましたが、皆さんのアイディアを充分に活かしたく、応募内容から「デザート部門」を増設。
 どの作品も甲乙つけがたく、『廣瀬ちえ賞』9点、『小坂の食材を活かしたで賞』3点、『素晴らしい技術賞』1点『飛騨小坂観光協会賞』1点が表彰されました。
 尚、受賞作品は、今後、小坂の観光スポット等で味わっていただける機会を設け広く周知する予定です。

  • 小坂の味コンテスト
  • 小坂味コンテスト
  • 小坂味コンテスト
募集内容
  • 小坂産の特産物(農畜産物)1種類以上を使用したメニューに限ります。
  • 個人又はグループで複数応募することができます。
  • 募集部門は【一品部門】と【携帯食部門】の2部門で募集します。

【一品部門とは】

主役のおかずとなるメニューを想定してください。 ただし、まぜごはん、おすし、丼もの、鍋、汁ものなども可能です。

【携帯食部門とは】

小坂の滝めぐりや、山歩き、川原などで楽しめるもの。
包み方等は問いませんが、できる限りゴミが出ず、リュックなどに入れて持ち歩くことも想定してください。
※料理にまつわるエピソードなどもあれば記載してください。
例)
  • 結婚式前日に私の大好物の●●●(料理名)を母親が作ってくれました。家族皆で食べた忘れられない味です。
  • 小坂のシンボルともいえる厳立をイメージしてつくりました。
審査基準
  • 小坂町産の食材をうまく活かす、小坂町らしさがある
  • 見た目の良さ
  • ネーミングや調理方法などの独創性
応募資格 一次審査に通過した場合、二次審査へ作品を持って参加出来る方。
小坂を好きであること、または小坂に興味があること。
※プロ・アマ問いません。個人、又はグループでのエントリーも可能です。
応募資格
廣瀬ちえ

廣瀬ちえ

山梨生まれ。マクロビオティック料理人・講師、栄養士、ベジタブルフルーツマイスターJr
2003年、リマクッキングスクール(東京)師範科修了。生活の拠点を愛知県に移し、菜食レストランなど複数の店で腕を磨く。2005年よりフリーの料理人として活動開始。料理教室・ケータリング・講演会・レシピ開発など、数多く取り組む。2007年、「食を通じて幸せを分かち合いたい」をテーマにした食チームCHIE’S KITCHENを設立し、安全・安心な食材を使用した調理法やレシピを数多く開発し紹介。「ココロとカラダが喜ぶ料理」は、健康や美容を気遣う多くの人達から強く支持されている。

古田菜穂子

古田菜穂子

岐阜生まれ。新聞記者、フリーのTVディレクター、各種広告媒体の企画制作等に従事した後、主にインディペンデント映画のプロデューサーとして多数の国際映画祭に参加。同時に作家活動をしながら岐阜と東京を中心に、アートイベントの企画制作、文化商業施設や企業のコンセプト・プランニングや販促ディレクション、地域の伝統文化産業等に対するアート視点からのプランニング・ディレクターとしてコミュニティ・ビジネスの実践を行う。岐阜市の中心商店街を舞台にした全国初のフラッグ(旗)によるパブリックアート展「ぎふフラッグアート展」では、第11回ふるさとイベント大賞を受賞。平成21年度より岐阜県総合企画部観光交流推進局長。

コンテンストの流れ コンテストの流れ
  • 小坂の味コンテスト 概要
  • 小坂の食材ってどんなもの?
  • 入賞作品%レシピの紹介
  • 座談会
携帯からでもレシピをご覧頂けます。
  • 2010年小坂の味コンテスト レシピ着
  • ようこそ小坂へ
  • 達人と小坂を楽しむ 体験プログラムイベントカレンダー
  • 小坂の滝めぐり
  • NPO法人 飛騨小坂200滝
  • 飲める温泉 ひめしゃがの湯
  • ウッディランド 飛騨小坂ふれあいの森
  • 飛騨頂上御嶽山 五の池小屋
上にもどる